強い紫外線を浴びたときに

2015-07-03

更に毎日のストレスで、心にも毒は山のように蓄積してしまい、
同時に身体の不調ももたらす。
このような「心身ともに毒だらけ」というような感覚が、
我々をデトックスに駆り立てている。


整形外科とは異なり美容外科が欠損などのない健康な体に外科的な侵襲をするという容貌重視の医療行為なのにも関わらず、
リスク管理や安全性の確立が足りなかったことが一つの大きな原因だと言われているのだ。


ドライスキンは、お肌のセラミドと皮脂の量が通常のレベルよりも低落することで、
表皮にある水分が揮発し、皮ふがパリパリになる症状なのです。


紫外線を浴びてできてしまったシミを薄くするよりも、
作られないようにあらかじめ予防したり、
肌の奥に潜んでいるシミの種を遮断する方が大切って知っている人はまだ多くありません。


日本において、肌が透き通るように白くて黄ぐすみや濃いシミの出ていない状態を好ましく捉える風習は現代より前からあり、
「色の白いは七難隠す」ということわざもあるほどだ。


よく目立つ目の下のたるみを解消・改善する方法で効果が高いのは、
顔のストレッチ体操でしょう。
顔の表情筋は無意識なのに凝り固まっていたり、
気持ちに左右されていることがままあるのです。

湿疹などに悩まされるアトピー性皮膚炎の

2015-07-01

あなたには、自分の内臓が健康だと言えるだけの根拠がどれだけあるでしょうか?“痩せられない”“すぐに肌が荒れる”といった美容にまつわる悩みにも、
意外な事に内臓が健康かどうかがキーポイントとなっています!

基本的には慢性化するも、正確な手当により病が一定の状態に置かれると、
自然寛解(しぜんかんかい)も可能な疾患なのである。


下まぶたのたるみがある場合、男女関係なく本当の年齢より年上に写ってしまいます。
肌のたるみは色々ありますが、ことさら目の下は目立つ部分です。


内臓が元気かどうかを数値で測ってくれる有用な機械があります。
『ノイロメーター』と名付けられた機械で、
人間の自律神経のコンディションを調べることで、
内臓の病気をモニタリングできるという便利なものです。


日中なのに、いつもは浮腫まないはずの顔や手がパンパンにむくんだ、
十分寝ているのに脚の浮腫が引かない、
といった症状は疾患が隠れている可能性があるので専門医の治療を早く受けることが重要です。


体が歪むと、内臓が互いに押し合って、その他の内臓も引っ張り合った結果、
位置のズレ、臓器の変形、血液に細胞の組織液、ホルモンバランスにも悪い影響を齎すのです。

美肌に欠かせないコラーゲンは

2015-06-26

掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の原因には、
1.腸内や皮膚、肺、口腔内などのフローラ(細菌叢)、
2.遺伝的な問題、3.食物の栄養要因、4.生活環境、5.1~4以外の意見が現在は主流となっている。


何となくPCの画面に集中してしまい、
眉間に縦ジワを寄せ、その上に口角の下がったへの字(このスタイルを私は「富士山口」と言うこともあります)になっているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。


日本の医療がQOL(quality of life)を重視する傾向にあり、
製造業を始めとする日本経済の成長と医療市場の大幅な拡充により、
外見を自分好みに変化させられる美容外科は2000年代に入ってから熱い視線を浴びている医療分野であることは間違いない。


美白(びはく)という言葉は95年から99年頃にかけて美容研究家の鈴木その子が火付け役となってブームになったほどだが、
もっと前からメラニン増加が原因の皮ふトラブル対策に使用されていた。


よく女性誌や美容本には、顔が小さくなって肌がきれいになり、
ダイエットできるし、デトックスされる、免疫力の向上など、リンパ液の流れを整えればあらゆることがOK!というフレーズが掲載されている。


日光を浴びたことによって出来たシミを目立たなくさせようとするよりも、
できてしまわないようにあらかじめ予防したり、
お肌の奥に隠れているシミの予備軍をブロックすることの方が有効ってお分かりでしょうか。

アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)を

2015-06-19

アトピーは「限定されていない場所」という意味の「アトポス」というギリシャの言語から来ており、
「何かしらの遺伝的な原因を持つ人だけにみられる即時型のアレルギーに基づいた病気」の事として名付けられたと考えられている。


現代を生きている私達は、一日毎に体内に蓄積され続けるという悪い毒素を、
バラエティ豊かなデトックス法を使って外に出し、
なんとしてでも健康な体を手中に収めたいと皆努めている。


思春期は終わっているのにできる難治性の“大人のニキビ”の社会人が増加しているようだ。
もう10年間もこのような大人ニキビに苦しまされている女性が当院を訪れている。


ここ日本では、肌色が明るく淀んだくすみやシミが出ていない状態を好ましく思う習慣はかなり前から存在しており、
「色の白いは七難隠す」という有名なことわざもある。


輝かしい歯を維持するために、歯を1本1本丁寧に磨いてあげることが大事です。
キメ細やかな泡と毛先の口当たりがソフトな歯ブラシを用いて、
ゆっくりケアをすることが理想です。


美容悩みから解放されるには、一番最初に自分の内臓の健康度を調べてみることが、
解放への近道だといえます。
然らば、一体どんな手段を用いれば自分の臓器の調子を調査するのでしょうか。


化粧の長所:新製品が出た時の物欲。
素顔とのギャップが好き。
様々なコスメに散在することでストレスを解消できる。
メイクアップをすること自体の楽しみ。

お肌の奥深くで

2015-06-12

なおかつ、皮膚のたるみに大きく絡んでいるのが表情筋。
色々な表情を作る顔に張り巡らされてる筋肉です。
コラーゲンと同じく、この表情筋の働きも年齢を重ねるにつれて鈍化します。


ドライ肌というのは、皮ふの角質の細胞間脂質と皮脂分泌の量が水準値よりも目減りすることで、
皮ふから潤いが失われ、皮ふがパリパリに乾燥してしまう症状を指します。


夏、紫外線を浴びたときになるべく肌のダメージを抑える方法を3種類ご紹介します。
1.日焼けしたところを冷やす2.ふんだんにローションをつけて潤いを与える3.シミを作らないために捲れてきた皮をむいては絶対に駄目だ

よく女性誌や美容の書籍には、顔が小さくなって肌がきれいになり、
痩身効果があるし、デトックスできる、免疫アップなど、リンパを流してしまえばすべて好転!という謳い文句が掲載されている。


内臓矯正というのは周辺の筋肉や骨格により位置がおかしくなってしまった臓器を基本存在したであろう所に返して内臓の機能を正しくするという治療法なのです。


美白というものは、色素沈着のみられない、より白肌を重要視したビューティーの観念、
又はこのような状態の皮ふのことをいう。
主に顔の皮膚について使われる。


下まぶたのたるみの改善法で最も有用なのは、
ずばり顔のストレッチ体操です。
顔にある筋肉は知らない内に硬直していたり、
その時の感情に関連していることがままあります。


化粧の良いところ:新しい商品が出た時の物欲。
メイク前のすっぴんとのギャップが好き。
多種多様なコスメにお金を費やすとストレスを解消できる。
メイク自体の興味。

« Older Entries

Copyright© 2014 美容とは何か All Rights Reserved.